患者様の声

 

 当院に寄せられたメールを御本人の了承を得たものに限り、原文のまま掲載しています。

院長のコメントもセットで掲載中です。

 このコーナーは「PC版」にて閲覧ください。(携帯版では途中から表示されません。)

 
①2014年 7月某日 (20代 女性 Yさん)
 

昨日診察でお世話になりました、Yです。

先生がたくさんの患者さんを診てお忙しいところに昨日はお時間を取らせてしまったことが申し訳なくてメールを送らせていただきました…

なかなか気持ちの整理がついてなくて 何言ってるのか分からないのに先生はしっかりお話を聞いてくれたのですごく嬉しかったです

あと突然泣き出してしまったことが恥ずかしくて(笑)ほんとにすみませんでした。。

今日は月曜日

また一週間が始まりますが 頑張って仕事いってきます!

先生もどうかお身体にお気をつけて。。

 

Yさんへ・・・気が動転して上手く話せないことは誰にでもあります。

恥ずかしがらず何でも相談してくださいね。

私はいつでもYさんの味方です。(院長 渡邊より)

 

②2014年8月某日 (80代 男性 Iさん)

 

今日の院長ブログ「安心できる場所」を読みました。もしかして私の言葉だったのでしょうか。私も同感です。

これからも心を癒されに行きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

先生には大変感謝しております。 (I.Yさん) (奥様の代筆)

 

妻、I.Kです。(80代 女性)

夫はPCが自分で起動でき、先生のところのHPがやっと開けるようになり嬉しいようですが、まだ自分で入力することは無理のようです。

プロ野球は私が居なくても一人で開き見ております。

PC拒否症だった夫のPCの操作意欲をここまで引き出していただき本当に有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。

 

Iさんへ・・・初診時はどうなることかと思いましたが、無事回復してきましたね。

Iさんと私の共同作業でここまできました。

これからもまだまだ回復しますので一緒に頑張りましょう。(院長 渡邊より)

 

③2014年8月某日

 

お陰さまで体調は昨年よりも良くなっております。それもひとえに先生のお力だと感謝いたしております。

「一緒に頑張りましょう」というお言葉に更に元気が出たと言っております。
この先生のお言葉が何よりのお薬になっております。有難うございました。

 

先週の月曜日先生のところからの帰りにYクリニックに寄りました。

1ヶ月振りでしたので、私の元気な姿にY先生はビックリされ、入院しているか
と思っていたとのことでした。
過敏性腸症候群が良くなり、便も一日に1~2回しかもスムーズに出る話をしましたら、
更にビックリされ「桜坂の渡邊先生は名医だ。」と褒めておられました。
このことを一番に先生に報告しなければならなかったのですがメールでお許しください。

 

Iさんへ・・・他の病院で「治療が難しい」と言われていたIさんの回復が私自身の医師としての自信と励みになり医者冥利につきます。

一番頑張ったのは回復を信じて治療を継続した御本人と献身的に支えた奥様です。

私はそのきっかけを作ったにすぎません。

とにかく回復してよかったです。(院長 渡邊より)

 

④2014年9月某日(40代 男性 Sさん)

 

【題名:奇跡の完治】

 

1.自己紹介

・福岡市内に住む40代男性会社員です。転勤族で今は福岡にいますが何度か転勤を繰り返し、全国異動しております。

 

2.症状について

・大学を卒業し会社に入った頃、朝礼や会議等での人前では緊張するようになりました。営業職なので、外回りで営業をしている時は平気なのですが社内での会議等で緊張するので、もともと緊張する性格なのかなぁとその時は思っていました。

・それから5年程して、大きな研修があり、30名程が集まり、それぞれ皆の前で発表 しなければならないという機会があり、その時、かなりの緊張で、自分の心臓が飛びだしてしまうんじゃないかと思うほどの動悸と手は汗でびっしょりあまりの緊張で声が出ないという経験をしました。自分より後輩もおり、失敗したというかなりの心の傷を負いました。

・その事があってから、症状はひどくなり、以前は2~3名程での打合わせ程度は、大丈夫だったのですが、少人数でも、極度に緊張するようになりました。

・このままでは仕事に支障をきたすと思い、初めて心療内科の扉をたたきました。

 初めて通った病院では、「セルシン」という抗不安薬を処方され、緊張する局面で飲むようにと言われ、その後は緊張する人前での発表の場で「セルシン」を服用しました。服用すれば、何とか乗り切れ、その後は、転勤する度にその町の心療内科を尋ね、「セルシン」を処方してもらい、緊張する局面で服用すると いう生活を続けました。「ソラナックス」という同効果の薬を処方してくれる病院もありました。

・それから、8年が経過、症状は日を重ねる毎にひどくなり、とうとう会社で電話をする時でさえ、誰かに見られているんじゃないかという意識になり、電話をする事もできなくなりました。それまでは極度の緊張の場面で服用すればいいかと思っていたのですが、電話ができないとなると、仕事になりません。

 この症状以前から妻にも相談していましたが、その時、妻に根本的に治療したいと告げそれからは、心療内科ではなく催眠療法等も試す事にしました。

 複数の方法を試みましたが、治るどころか、症状は悪化の一方でした。心療内科では無く、精神病院(もっとひどい症状の患者さんがいるところ)に行こうと 

 通ってみましたがうつ病に効く薬を処方しましたから、飲んでみてください。と言われ、1週間程度服用しましたが、何の効果もありませんでした。

・妻から、別の心療内科に行くように言われました。セカンドオピニオン・サードオピニオンも当たり前の時代、いい病院が見つかるかも、そんなアドバイスでしたが、

 それまでに通った病院は6つ以上、治る訳が無いとその時は思っていました。ただ、妻も親身にアドバイスしてくれており、もう1つだけ行ってみようと、ネットで

 検索、自分の症状が「社会不安障害」ではないかと、思うようになりました。そこで社会不安障害で検索して、桜坂メンタルクリニックにたどりつきました。

 

3.治療について

・最初に渡邊院長に会ったときは、今だから言えますが、今までと同じだろうな。

  という第一印象でした。しかし、ソフトで優しい院長が「**さんの病気は治りますよ。

  同じ症状の患者さんも先日治りました。1ヶ月私に下さい!」

 という頼もしいお言葉・・・光が見えたような感動を今でも覚えています。

 ただ、その時は、「本当に治りますか?」と聞き返しました。光を感じたのですが  症状の期間が長く、光は見えたが、本当だろうか?

 という不安がありました。

・それから、「パキシル」というSSRI(うつ病に効く薬)を処方され、その頼もしい言葉もあり、毎日寝る前にかかさず服用しました。

・それから1ヶ月半ぐらいして、今まで朝礼等でも手に汗が出ていたのが無くなって いるように感じました。でも頭痛や歯痛と違い、はい痛みが取れました~

 というものではないので、その時は治っているかもという感じはありましたが、確証は得る事ができませんでした。

 院長からは、どうですか?と通院の度に聞かれましたが、前より良くなっているかも!と答えていました。

・それからまた半月ほど(合計2ヶ月)して、治っているという実感を感じました。

  打ち合わせ等で普通にしゃべれている自分があったからです。院長に「治っています!」と報告すると、かなり喜んでいただけました。

・それから現在迄でおよそ5ヶ月、今では完治しました!とはっきり言えます。

  もちろん「パキシル」は服用を続けていますが、人前で平気にしゃべる事ができるようになりました。

  今思えば、何故早く渡邊院長に出会えなかったんだろう?という悔しさがあります。

  通算すると、8年あまり苦しんできて、人より極度に緊張する性格なのだと勝手に 思い込んでいた8年を今では悔やんでいます。

・社会不安障害は、全国で300万人患者がおり、SSRIが有効だとわかってから、まだそんなに時間は経っていませんが、

 本当に魔法のような薬だと思います。

・ただ、精神病院に行った際も、同様の薬を処方されましたが、効くかも!というニュアンスの言葉では継続はなかなかできません。

 渡邊院長の自信に満ち溢れた言葉がスパイスであったからこそ、継続できたのだと思います。

  是非この症状で悩んでいる人は、早く扉をたたいてもらいたい!そう強く思って います。1日でも苦しむ時間を無駄にする必要はないと思います。

 

4.最後に

・渡邊院長から今では、皮肉で「**さん最初に私に何て言ったか覚えてますか。

  本当に治るんですか?そう言ったんですよ~治ったでしょ?」

 ただ、院長、1つ言いたい事があります。1ヶ月では治りませんでしたよ~2ヶ月かかりましたよ~(笑)

  本当にありがとうございました!人生が変わったとは、この事を言うんですね

  無駄にした8年、取り返すぞ~

  院長、パキシル引き続き処方よろしくお願いしま~す。

 

Sさんへ・・・無事病気を克服して嬉しそうなSさんの顔を見るたびに私も嬉しい気持ちになります。

薬は、単なる薬ではなく「医師の言葉の力」という「調味料、味付け」によって生きも死にもします。

「優れた料理人は素材の魅力を味付けにより最大限に引き出す」という言葉もあります。

信じられないかもしれませんが同じ薬でも処方する医師によって効き方が変わるんですよ?

Sさんが私を信じて治療を継続してくれたことが勝負を決めましたね。(院長 渡邊より)

 

⑤2015年12月某日(40代 男性 Nさん)

 

今年のゴールデンウィーク前、私と妻と息子の3人で、ベンチに座り、途方に暮れていたことを思い出しました。

それから夫婦でこれからどうするか悩みました。そうこうしていた夜中だったと思います。私がムズムズ足で寝られず、ベットでのたうち回っていた時、妻がインターネットで渡邊先生のクリニックを見つけました。
明日電話してみよう、もうすがりつくような気持ちでした。初診はたしかゴールデンウィークの最終日くらいだったかと思います。
今年は渡邊先生に出逢えて、本当によかったです。私は人生というか、毎日の生活を楽しむことができるようになりました。
先生、本当に今年はお世話になりました。
また、来年もよろしくお願いいたします。

 

Nさんへ・・・私と出会ったのも何かの御縁でしょう。出会いは大切にしましょう。(院長 渡邊より)


⑥2016年10月 Tさん


本日受診させていただいたTです
初診にも関わらず、診療時間に遅れてしまい、ご迷惑をお掛け致しました
このメールアドレスにお送りして良いものか悩みましたが、送らせて頂くことにしました
私は今日受診させていただくまでは、眠剤を処方していただくだけのつもりでした
普段は(職場では)明るく誰とでも打ち解ける社交的な人と思われていますが、人見知りもあり、話をするのに緊張するので、先生にもお話をすることはないだろうと思っていました
でも、先生とお話をさせていただくうちに、先生にならお話ししても大丈夫なのかなと少しではありますが、過去のこと、今現在の立場についてもお話させて頂きました
鬱っぽいなと自分でも思っている部分もあったのですが、否定したい自分もいて、複雑な思いがありました
先生にお話をさせていただき、何もなくても涙が出ることがないとお答えしたものの、帰宅するときに、自分の今の精神的な状況が見えたためか、自然と涙が出てきました
先生の診察の時にも、泣いてしまいましたが、あぁ自分は泣きたかった、辛かったんだなと自覚しました
これから先生と一緒に少しずつ前を向けるのかもしれないと、勝手に感じているところです
たった一度の診察ですが、このような気持ちを抱けたことをお伝えしたくて、御礼と思い、先生だけが御覧になるのか、スタッフの方も御覧になるのかもわからぬままメールさせて頂きました
このようなメールのためのアドレス掲載ではないとは思いましたが、そして、このようなメールを送信することが病んでいるのかなと思いますが、メールさせて頂きましたことをお許しください
本日は本当にありがとうございました 


Tさんへ・・・できるだけ力になります。(院長より)