勉強部屋

 

セロトニン・・・不安抑制、痛みの制御、覚醒の維持、情動制御、衝動や依存の抑制、気分調整、運動、呼吸、記憶の調整

ドーパミン・・・快感、意欲、集中力、記憶、動機付向上

ノルアドレナリン・・・意欲、覚醒、集中力、戦闘態勢

 

ドーパミンやノルアドレナリンは「セロトニンが制御、舵取り」

 

セロトニン・・・90%が消化管、8%が血小板、2%が脳

セロトニントランスポーター遺伝子・・・日本人は68%がSS型。LL型は僅か2%。米国人は19%がSS型、32%がLL型。


①併用禁忌、注意シリーズ

ロゼレムとフルボキサミン

スマトリプタンとSSRI

ハルシオン、ソラナックスとHIV治療薬

フルボキサミンとテルネリン

SSRIとエフピー(抗パ剤)、オーラップ(major)

ロナセンと抗真菌薬、HIV治療薬

CBZと抗真菌剤、シアリス、グレ-プフルーツ、セントジョーンズワート

ベルソムラと抗真菌剤、クラリス、HIV治療薬、HCV治療薬


②禁忌シリーズ

BNZ 緑内障

Li てんかん、妊婦、心腎疾患

OLZ,QTP DM

レクサプロ QT延長

インデラル 喘息、徐脈、ブロック


③妊婦禁忌シリーズ・・・4週~12週が要注意

VPA

Li

HPD

アタP


④母乳リスク・・・MaMM基準L1(安全)~L5(禁忌) 添付文書では殆どが授乳中止、回避

アモバン、ニトラゼパム・・・L2

その他BNZ(抗不安薬、眠剤)・・・L3(普通)

SLP,OLZ、HPD・・・L2

その他MAJOR・・・L3

抗うつ薬・・・L2(概ね安全)

Li・・・L3

VPA,CBZ・・・L2(妊娠中は禁忌だが授乳は比較的安全)

CZP、PHN・・・L3

ZNS・・・L5(授乳禁忌)