物忘れ外来

当院では時代のニーズに対応していく為に、物忘れ外来をおこなっております。

誰でも「最近忘れっぽくなった・・・」と感じることが有るかと思いますが、それが正常加齢によるものか認知症なのか、その間の軽度認知機能障害(MCI)なのか分かりにくいものです。

一般的に「認知症は病識がない」と言われますが、MCIや初期の場合は病識が有る場合もあり、「物忘れの自覚があるから認知症ではない」とは言い切れません。

また若年の方でADHDによる「不注意」や、うつ病による「集中力の低下」、飲酒・不適切な睡眠剤摂取で起こる「健忘」、不眠や脳酷使に伴う「脳疲労」・・・こういった症状を「若年性アルツハイマーではないか」と心配して来院される患者さんも増えています。年齢によっては「男性及び女性の更年期障害」が物忘れの原因かもしれません。

もしも少しでも不安に感じた事のある方は一度御相談ください。


(物忘れの様な症状を起こすもの)

認知症

②ストレス、不眠症、脳疲労、うつ病

甲状腺機能異常

正常圧水頭症

脳腫瘍、自己免疫性を含む脳炎

ADHD

慢性硬膜下血腫

⑧脱水、電解質異常、ビタミン欠乏、低血糖、貧血

⑨てんかん

⑩アルコールや眠剤の摂取、違法薬物の使用

⑪徐脈性不整脈、心不全、呼吸不全

⑫脳梗塞、一過性脳虚血

⑬解離性障害、ヒステリー

⑭男性更年期障害、女性更年期障害

せん妄・・・原因となりうる主な薬剤・・・抗パーキンソン薬、抗コリン作用を持つ薬(三環系の抗うつ剤等)、ベンゾジアゼピン系、H2ブロッカー、ステロイド

⑯糖尿病

⑰膠原病

⑱肝機能障害

⑲アルコール依存症


・・・上記の何れにも該当しない場合、正常加齢に伴う能力低下の場合もあります。

 

以下が単なる物忘れ(正常加齢)と認知症の主な違い


  単なる物忘れ 認知症
体験 一部を忘れる 全体を忘れる
食事 何を食べたか忘れる 食べたこと自体を忘れる
対人 人の名前を忘れる 人の顔を忘れる
場所・月日 わかる わからない
判断力 判断出来る 判断出来ない