社会不安障害(あがり症)

 

緊張して人前で話せない、あがってしまう等の症状でお困りの方は一度ご相談ください。

腹式呼吸で深呼吸をしたり、呼吸法、簡単なストレッチ、筋弛緩法、手足を温めるだけでも緊張は解れます。アロマ等でもリラックス効果は期待できます。実際当クリニックでもアロマを使用しています。 

詳しくはこちらの専門ページをご覧ください。 

あがり症は脳のセロトニンの低下が原因と言われています。

セロトニンが不足すると、不安をコントロールする脳の部位「扁桃体」(Amygdala)の機能障害が起こり不安のコントロールも困難になります。

日本人は人種的にセロトニンを調節する遺伝子がSSタイプという型でセロトニン量は欧米人より低い傾向にあります。

欧米人より緊張しやすく不安を感じやすいと言えるでしょう。

治療・・・①普段から常に緊張する方にはセロトニンを増やすSSRIという薬や漢方薬。

     ②会議等の特定の場面でのみ症状が出る方は頓服で対処。

     ③薬が苦手な方は、呼吸法、筋弛緩法、認知行動療法(カウンセリング)を推奨。

 

不安障害は、(社会不安障害、全般性不安障害、パニック障害、広場恐怖、選択的緘黙、分離不安)の総称であり、DSM5では、強迫性障害と(PTSD、急性ストレス障害)は各々が不安障害と同格の大項目に格上げされております。