心理師紹介

①月、火、水、金、土、日曜日担当の男性カウンセラー



窪田佳美(Yoshimi Kubota) 


(役職) 

カウンセリングセンター長

グループミーティング責任者

家族会世話人


(資格)

厚生労働省 公認心理師(CPP)


(専門分野)

発達障害全般、アダルトチルドレン(AC)、グループミーティング、認知行動療法、暴露療法


(特徴)

当院の看板カウンセラー

経験20年以上の完成された熟練カウンセラー

あらゆる症例に対応可、特に発達障害とACに強い

集団療法、グループミーティングの経験値が多く得意としている

女性的な風貌所作の為、男性が苦手なクライアントからも高評価


(ご挨拶)

公認心理師の窪田佳美と申します。

大学在学中に心理学に出会い、大学院に進学、そこで臨床心理学に出会いました。もともと研究職を目指していましたが、臨床を志し、大学院修了後、中村遊行クリニックで実習をさせてもらいながら、病院臨床を学びました。

その後、倉光病院で常勤心理士となり、各種疾患の方のカウンセリング、SSTや心理教育などの集団療法、家族教室、発達障害プログラム、ACプログラムに携わりました。

思えば、30代は「技術習得」に熱意を注いでいたように思います。あらゆるカウンセリング技法を獲得しようと、研修やカンファレンスに出かける日々でした。

40代は、「クライエントを治すこと」に熱意を注いでいたように思います。この頃、確かに患者は治りましたが、患者に寄り添えていないと反省することも多々ありました。

50代になり、「クライエントを治すことよりも、その苦しさや辛さに寄り添う方が、結果としてクライエントを回復させること」に気づきました。

長い学びの旅路を経て、私は、自分自身が心から納得できるカウンセリングに出会えました。

今回、尊敬する医師である渡邊院長から、私が学んできた臨床の集大成を行う場を与えていただきました。

私は、メンタルクリニック桜坂を、人生最後の職場にしようと心に決めました。

残された人生の中で、できるだけたくさんのクライエントに出会い、その苦しさや辛さに寄り添っていきたいと思っています。

苦しさや辛さを抱えたクライエントが、笑顔でカウンセリングを卒業していく、そんな光景を見届けていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。


院長からの紹介文はこちら



②月曜日担当の女性カウンセラー


(資格)

厚生労働省 公認心理師(CPP) 

日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士(CP)


(特徴)

女性カウンセラーが良いという方向け

まずはじっくり話を聞いて慎重にプランを立てるタイプ

被せたり遮ったりせずに、きちんと傾聴してくれます

よく勉強しているが積極的に話すほうではない

治療について要望を伝えると対応してくれます