「恥」のエネルギー

2020年08月07日 09:14

「みんなの前で失敗した」

「コンプレックスをからかわれた」
「自分より他人が評価された」
「影で悪口を言われていた」

そのような場面で、私たちは「恥」の感情を感じます。

適度な「恥」の感情であれば「向上心」になるかもしれませんが、「恥であってはならない」「恥である自分は存在してはならない」となると、「苦しみ」になってしまいます。

「恥」のエネルギーはどうやったら大きくなり、どうやったら小さくのでしょう。

「恥」のエネルギーは、
隠すことにより大きくなり、
話すことにより小さくなる、
と言われています。

「実は恥ずかしながら......。」

などと、オープンに話した方が小さくなるのです。

ただ、この世の中では、オープンに話すことが安全ではないことも多いですよね。

その場合、秘密を守ってくれる第三者に話すことでもよいのです。

「恥」だと思っていること、「恥」だと思っている自分を、誰かが許してくれている。

その感覚だけでも楽になりますよ。

もともと「恥」は「自然な感情」ではなく、「人によって植え付けられる感情」だと言われます。

「親によって植え付けられた」という人もいるかもしれません。

隠すことで大きく膨れあがった、「恥」のエネルギーに圧倒されないようにしましょうね。(CPP窪田)