カウンセリングの主導権

2020年07月25日 09:28

カウンセリング受けてみたいけれど、何をするかわからなくて怖い。


過去カウンセリングで傷付いたので、もう受けたくない。

そういう方、実は多いです。

誤解されていることなのですが、実は、カウンセリングの主導権は、カウンセラーにあるのではありません。主導権はクライエントのみなさんにあります。

クライエントのみなさんは、カウンセラーを30分3000円で雇っているのです。

なので、カウンセリングについて意見することも、カウンセラーを解雇することも自由です。

例えば......。

「カウンセラーが提案した、カウンセリングの効果が感じられない」

とても大事なご意見です。カウンセリングの方法はたくさんあるのですが、それぞれの方法に相性があります。違うカウンセリングの方法を試してみましょう。

「過去を話すのは苦しいので、違うやり方をしたい」

これも大事なご意見です。必ずお伝えください。今の辛さを扱うカウンセリングに切り替えましょう。

「カウンセラーに拒否されている感じがした」

ぜひとも、そう感じたら話してくださいね。
私にデリカシーがなかったのかもしれないし、拒否されていると感じてしまうところに、重要な回復への鍵があるのかもしれません。

「もう少し若いカウンセラーがよい」

これも伝えてくださいね。ただ、これに関しては私の努力ではどうにもなりません。クリニックには年齢が若い女性カウンセラーもいますので、紹介させていただきます。

「金銭的に厳しくなったので、カウンセリングの間隔を空けたい」

大丈夫です。みなさんの経済状況に合わせてカウンセラーを雇ってくださいね。

「回復してきたので、カウンセリングを卒業したい」

回復してきたという感覚を伝えてもらうことは大切です。卒業の決定権はクライエントのみなさんにあります。

「こんなこと言うと申し訳なくて......」

そう思って我慢する方も多いです。
でも、私は言ってくれた方が嬉しいですよ。

カウンセリングは、みなさんが思っている以上に自由な場所です。
みなさんの回復のために、カウンセラーを雇ってみませんか?(CPP窪田)