ランチョン会議

2021年02月24日 12:12

私と窪田佳美心理師は昼休みにしばしば昼食をとりながら難しい症例について意見交換をします。

会議というと固いですが要するに「自分はこの症例について、こう考えています」といった見立て等を話し合ったりしています
自分と違う職種や自分と価値観の違う人の意見を聞くことで今まで見えていなかった事に気付くこともあり、患者像がより立体的に見えるようになり、結果として解決への新しいアプローチや切り口のイマジネーションが湧いたりもします。

自分の考えに固執せず両耳で出来るだけ多様な意見を聞くということが洞察を深め、最終的に患者さんの為になると考えています。 

情報共有することで困難事案を一人で抱え込まないという側面もあり治療者側の精神衛生上も有益であると考えています。