心が癒されるために

2020年07月20日 20:30

気持ちを話して誰かに受け止めてもらうこと。


これは、心が癒されるための原則です。

この原則を忘れてしまった人がいます。

それは私です。

男は泣くもんじゃない。
弱音や愚痴は吐くもんじゃない。

私が育った時代は、そのような時代でした。

人間関係の辛さを押し殺し、生活する日々。
ある日私は、激しい動悸で立つことすら困難になりました。
私が受けた診断は「心身症」でした。

それから私は、自分の気持ちを話すことに努めました。

自分の気持ちを話し、受け止めてもらうにつれ動悸は軽くなり、「心身症」は回復しました。

気持ちを話して誰かに受け止めてもらうこと。

その効果を証明できる人。

それは私です。

みなさんは、自分の気持ちを話し、受け止めてくれる誰かがいますか?

誰かがいなくて苦しい。
誰かはいるけど、話を受け止めてくれない。
誰かはいるけど、弱音や愚痴を吐く姿を見せたくない。

そのような方は、カウンセリングで気持ちを話してみませんか?(CPP窪田)