患者会、家族会を始めてみて

2020年10月28日 21:56

発達障害の方のグループミーティングや家族会をスタートして暫く経過しました。

社会ではマイノリティになりがちな発達障害の方が、患者会ではマジョリティになることができ、他の参加者の「生きにくさ」を共感納得し、一緒に対処法を学べる貴重な場所になりつつあります。

家族会も同様で、苦労や悩みを他の参加者と共有することで、患者さんの家族が一人で苦しみ孤立してしまわないような場所になりつつあります。

私は多忙につき参加できませんが、責任者の公認心理師・窪田佳美が司会運営を行い患者さんや、その家族にとって意味のある会に育ちつつあります。

これからも見守っていきたいと思います。