自己肯定感

2020年06月30日 13:02

子どもは、何でも親に報告します。


学校で頑張ったよ。
お友達と遊んで楽しかったよ。

それを親に褒められることで、子どもの自己肯定感は形成されます。

子どもは時に、わざわざ怒られるようなことも報告します。

学校で失敗したの。
お友達を怒らせたみたいなの。

何故でしょう。

子どもは、
こんな私だけど、大丈夫?
という確認を求めているのです。

実は、この報告を親が受け止めることも、自己肯定感の形成に関係があるのです。

学校で失敗した。

それを親が受け止めてくれたら、子どもは「誰かの評価に振り回されない」おとなに育ちます。

友達を怒らせた。

それを親が受け止めてくれたら、子どもは「誰かの機嫌に振り回されない」おとなに育ちます。

私は自己肯定感が低い。
それが形成されるような子ども時代ではなかった。

そのような方も多いかもしれません。

今からでも遅くありません。
過去叶わなかったことは、今から取り組めばよいのです。

自己肯定感は、今からでも高めることが可能です。

1人で取り組むのが難しい方、カウンセラーと一緒にやってみませんか?(CPP窪田)