AC(アダルトチルドレン)

2020年06月07日 17:56

同じ世界を生きているのに、ある人は生きるのが苦しいと言い、ある人は生きるのは楽しいと言います。

お金やパートナー、社会的地位など、多くのものを持っているのに不幸せと言う人がいて、その一方で、多くのものを持っていないのに幸せだと言う人がいます。

不思議ですね。

その「違い」の理由を探求していくと、子ども時代の「親との関係」にその原因があることが多いのです。「親との関係」の違いで、こんなに見える景色が変わるのです。

「生きづらさ」の答えを探して幼年時代にさかのぼる作業に取り組む人のことを、ACと呼びます。

幼年時代にさかのぼる、それが辛い方もたくさんいます。1人で取り組むのが難しい方、カウンセラーと一緒に取り組んでみませんか?

見える景色が変わるかもしれませんよ。(CPP窪田)